2018年2月18日

明月神社、再訪です・・兵庫県篠山市小坂1125


2018年1月27日、明月神社‥新井弥三郎正次の彫物です‥篠山市小坂1125
・・・と、題して参拝しましたが・・・
http://a-shi-a-to.blogspot.jp/2018/01/1125.html

忘れ物をしたのです・・・
・・・忘れ物、それは、新井弥三郎正次の刻銘と、断層面を表す案内板の写真です

もう、それから、う~ん! もの足りなく・・再訪いたしました・・・(^^;)

明月神社です
前回はピンボケでした・・(**!)

             右脇障子・・その背面に・・・

そう、これです・・・忘れ物・・
・・・安政二卯年三月 彫刻師 摂州藍之庄曲里村 新井弥三郎正次・・・
・・・施主 當村 高見猶四郎・・・と、刻まれている

             左脇障子

・・・施主 藤本藤右エ門 動 芳右エ門・・・


手挟み
梁上の龍
妻飾り・・蟇股

二つ目の忘れ物・・・断層面の鏡肌を示す説明板
上部白丸の部分・・・断層面の鏡肌
・・・はげしい造山運動でできた鏡岩 鏡石はこれである?・・と、読める


いやいや、再訪は度々ありますが、写真撮影の忘れものをして、再訪は珍しいです!
別に苦にはなりません、反対に楽しいです・・・また、来れたなぁ・・ってね!
あんた、ヒマやね・・って、云われそうです





2018年2月17日

二村神社・・・兵庫県篠山市見内1-3

2018年1月30日・・・大沢八幡神社を参拝いたしました
http://a-shi-a-to.blogspot.jp/2018/01/70.html
そこには・・・
~延喜式神名帳にある二村神社(身内村東山下)は、室町時代の文明年間までは、酒井、味間、宮田の三庄 の「産神」であり、大沢庄もこの中に含まれていた。
文明十四年九月九日(1492)二村神社の神事の日、氏子座席の上下を巡って争が起こり、結果、氏子 がそれぞれ祭器等を持ち帰った。
御神体を真南条が、神輿を味間村が、獅子と六点の祭器を板井村が持ち帰り社を建てて祀ったが、この時、大沢村も鎮護神「正八満宮」を奉迎し、社を建て氏神としたのが 大沢八幡神社の由来とされている~と、由緒がありました

では、そのもめ事の舞台の「二村神社」へと、行ってみました

社頭の案内板・・・二村神社

大昔、伊弉諾尊が天下る時、先ず剣を先に落とし、「この剣が倒れていればコケッコと鳴け、若し剣が刺さってたっておれば 鳴くな」と命じて鶏を次に降ろされました
鶏は剣が倒れているのを見て「コケッコ-」と大声で鳴いて知らせたので 「この土地は堅く、神の住める土地である」と、伊弉冉尊を伴ってこの地に降りられ、神内村と名付けられました
往古は「神内」、文明14年以降は「御内」、慶安4年以降は「見内」と呼ばれました
二村神社は、天平勝宝2年に正一位、鳥居の額は小野道風と伝えられています
文明14年の祭事の時に氏子の中で騒動 が起こり、祭具が保ち分かれになり、他の村に二村神社が分かれたと伝えられています・・・古市地区まちづくり協議会


鳥居、狛犬は、新しくなっていますね・・・
神橋を渡って、本殿へ・・・
主祭神 : 二村大神
延宝六年(1678)、社殿復興す‥明治5年(1872)、本殿再建




文?明十四年(1482)とも読めるが・・・明は分かるが、文がいまいち、わからないのです
なぞってみたら、「文」‥由緒にも文明とあるため‥そうなれば、室町時代ですね
この刻銘判読は、楽しいです・・・おおぉ‥っと、一人感心しています
左右が塀で護られています
社務所
国道176号線を篠山市中心部から三田、神戸へとむかうと、JR交差するあたりに「二村神社」の案内板があります・・・
いつも、いつかは、と思いながら、反対車線ですから、ついつい・・・
しかし、延喜式神名帳にある二村神社(身内村東山下)は、室町時代の文明年間までは、酒井、味間、宮田の三庄 の「産神」であったのです

いやいや、各地の神社を巡ると、関係が分かることは、興味深いです・・・(*^_^*)






2018年2月15日

スマホ用MobiHead DXを買っちゃいました

飛行機撮影の時、動画を同時に撮影したくて、スマホ用MobiHead DX(写真左)と・・・
ついでに、SONYーRX100に取り付ける底ネジ取付ハンドストラップも買いました

さらに、先日、買った、Pentax_Flucardを使い、撮影場所で写真の出来映えを確認するために、iPhone5Sを取付て使います・・・


             iPhone5Sを取付・・・横、真上・・・飛行機撮影中の録画体制?

             Pentax_Flucard・・・使用体制
            この形にしないと、ユーティリティが縦表示なので・・・(^^;)

しかし、よ~く、考えると、この体制で、神社の彫刻を撮影して画像を確認しなくてもiPhoneを手持ちすれば、それでよいのではと、気がつきました・・わはぁ・・ドタッ!・・(^^;)
と、いうことは、飛行機撮影時の動画だけになりますね・・・まぁ、本来の目的でしたが!

最終的には、iPhoneでも、Nexus5・7とも出力のみと、分ってはいるのですが、なにか、画像入力ができるツールはないかなぁ?
そうすれば、USB・HDMIでつなぐのにね!
ググってみようっと・・・絶対あるとおもうよ・・・(^^;)


             PentaxK3Ⅱ Flu通信カード設定
             ・・・ON/OFFができるようです・・・使用しないときOFFに・・・
             接続確認か?・・・ピィピィ音が鳴り、うるさいのです!

             JPEG保存の折のリサイズも「XS」最小にします

さぁ、準備万端整いました・・・
・・・飛行機撮影のおり、動画も撮影しましょう・・・楽しみですね!

Pentax_Flucardを使い、神社の彫刻の撮影状態を把握できます・・・
‥なにせ、手ぶれか?ピント甘い写真が多いのですよ‥

しかし、Pentax_Flucardを使い、ライブビューで撮影すると、電池の保ちが大変悪いのです
本体と、バッテリグリップにそれぞれ装着していますが、ちと、不安です
そういえば、互換バッテリの保ち(撮影枚数)が最近、悪くなってきてますし・・・
ですから、万一のため、予備に、単三充電池を常備して、使おうかなぁ?

Battery Grip購入時に同梱されていた、単三充電池、6本装着フォルダ付‥・
単三電池アルカリで、1本あたり24gですから、144g・・・
専用の電池、D-li90pは、90g・・・その差、54g‥重いね?
しかし、段々、重量が増していきますね・・・

・・・PentaxK3Ⅱが、バッテリ、SDカードを含んで、785g
・・・HD Pentax DA-55-300mmがフード含んで、471g
・・・Battery Grip 265g+D-li90p、90g=355g

合計重量:1,611g おおぉ・・・1.6kgか! 

これに、MobiHead・・・80g iPhone5S ・・・112gを装着すると・・・
総重量‥1,803g いやいや、2kg弱やぁ~

なんの為に計算しているのでしょうか? 
単なる、暇つぶしです・・・(*^_^*)





2018年2月14日

千里川土手で、撮影中・・・離陸、そして着陸‥おおぉ、大丈夫か?

2018年2月7日 夕暮れ…千里川土手…飛行機撮影です
なにか、すっきりしてますね…
そうか! フェンスに巻きついていた、ツタ?が除去されています…(*^_^*)
私、千里川土手では、久しぶりの「787」 ANA-JA817A 時刻は16:15:46
ANA-JA8595

さぁ・・・ヒヤヒヤしたドラマの開始で~す!!
離陸へと進んできたのが、ANA-JA51AN Boeing737-800
おや?・・・離陸しませんね!…やっと、離陸開始…撮影時刻は17:08:51
・・・その時・・・
隣で大砲をもったカメラマンさんが・・・おおぉ! 大丈夫か?‥って、云っています
JA51ANを撮影していた私・・・振り返ってみると・・・
おおぉ‥なんと、そこに、ANA-JA706Aが迫ってきています・・・撮影時刻は17:09:40

二人して、間に合うのか? わぁわぁ、云っています
その時間差・・・なんと49秒‥ANA-JA706Aの着陸スピードが250kmぐらいらしい・・・
それを計算すると、距離、約3.5kmになる・・・そこに来ていますぞ!
千里川土手上空を通過・・・17:09:57
無事、着地‥この時点で、17:10:11 
勿論、ANA-JA51ANは、すでに離陸して、写真左上、上空へと飛んでいきました
しかし、縦位置でみると、ほんと、そこに見える…ヒヤヒヤしたこの数十秒でした

17:11:40 ANA-JA817A  先ほど着陸して僅か、50分で離陸とは、忙しいね!
17:32:51 ANA-JA51AN スターアライアンス 
~上写真と21分間ですっかり暗くなりました~


さぁ、暗くなってきました…帰りましょう・・・
三脚を持って続々と千里川土手へ、カメラマンが集まってきます


本日のドラマ?‥「49秒」・・・
距離が3.5kmとしても、管制塔からなんらかの指示がでれば、動きが変わるのでしょうが、縦位置でみていると、すぐ間際・・・問題のない、着陸だったのでしょうか?
管制官も、焦ったのではと、二人して笑ってしまいました・・・こんな時、航空無線機がね、あれば、やりとりが聞けたのに・・・(^_^)

なかなか、緊張感?のある「ドラマ49秒」でした・・・
・・・この49秒は現像する際に撮影データより計算したものです!


2018年2月13日

大阪城、梅林から天守閣へ・・・

梅林で、僅かですが、梅の花の開花を眺めて・・・
折角ですので、天守閣を見ずに帰るのも失礼かと・・・?
しかし、玉造口から桜門へ‥いや、凄い人です・・・ほとんどが外国人観光客‥中国人の方々ですね!

桜門です

桜門から蛸石越しに天守を・・・凄いです・・・帰ろうかなぁ? って、思いました‥

まぁ、そう云わんと‥・・はい、人混みをかき分け?・・・天守閣です!
新レンズ、pentax HD-DA55-300mmで、パチリです

前回、工事中だった、大阪市立博物館が、改装オープンしていました
「MIRAIZA」・・・大阪城といい時間を。 Shop&Resturants

元、陸軍第四師団、司令部‥
戦後は、大阪市警察庁として、そのあとは大阪府警察本部として使用されましたが、内部を改装して、昭和35年から平成13年まで大阪市立博物館として使用されました
その後、耐震補強工事などリノベーションが施され、平成29年10月、装いもあらたに複合施設「ミライザ大阪」としてよみがえりました

内部、写真OKです‥

2階へ‥2・3・RFとあります 


玄関エントランスと天守閣
バタバタと轟音を発し、離陸する大阪府警ヘリコプター  ここは、大阪府警察本部、ヘリポート!

帰途‥内堀を進む、金色の大阪城御座船が・・・その左の石垣に‥うん? 人がおるぞ!
望遠で見ると、石垣に生えている草、今は枯れ草・・・除去していますね・・・
いやいや、ご苦労さまです・・・m(_ _)m 景観が大事ですからね・・・


いやいや、凄い観光客の数・・・中国人の方が殆どのように思えます
まぁ、仕方ないですけど、この混み具合には、うんざりですね!

大阪市にとって、経済的には喜ばしいことですが、静かに大阪城天守閣を眺めるのなら、時間を選ばなければなりませんね!

暫くは来ることもないかも・・・いや、梅?桜? 満開で訪れるかも・・・(^^;)


GoogleMapの口コミ数6348件・・・これも凄いね(2018年2月作成時)